« 2013年4月 | トップページ

2013年7月

2013年7月 7日 (日)

気管支喘息 (きかんしぜんそく)

(1)どんな病気ですか?

息苦しくなったり、咳が出たり、胸がゼイゼイ言ったり、息切れを感じたり、胸が痛くなる病気です。

 

(2)何が原因ですか?

ダニや家の中のちり・ほこり、カビ、動物のふけなどにアレルギーを起こして、気管支の粘膜が腫れて、ねばねばした痰がたまり、空気の通り道である気道が狭くなることが原因です。たばこの煙や大気汚染も原因になります。

 

(3)どんな症状が出ますか?

胸がゼイゼイ言ったり、咳込んだり、息切れ、胸の苦しさ、胸の痛みなどの症状がみとめられ、日中よりも夜間から早朝にかけて出やすくなります。症状が強くなると、横になれなくなります。春先、梅雨時、秋口など季節の変わり目に症状が出やすくなります。また、かぜ、疲れ、ストレス、睡眠不足などが引き金になることがあります。

 

(4)どのような治療が必要ですか?

アレルギーの原因が判明していれば、できるだけ遠ざけることが必要です。

薬の治療では、ステロイドの吸入薬がもっとも重要です。気道の粘膜に直接働いてアレルギーの炎症を抑えますので、効果が優れており、体に吸収されにくいため、ステロイドによる体への副作用の心配がほとんどありません。ただし即効性ではありませんので、しばらく継続して使用することが必要です。この他に、気管支拡張薬などを用います。

 

(5)日常生活上、どのような注意が必要ですか?

服薬をきちんと行い、自己判断で中止しないようにして下さい。かぜなど感染予防に注意して、疲労やストレスをためないようにしましょう。

たばこの煙を避けるため、喫煙者は禁煙が必要です。

気管支喘息の約10%にアスピリン喘息があると言われています。アスピリンをはじめとした解熱鎮痛薬に過敏性があり、喘息発作を引き起こすものです。ふだん解熱鎮痛薬を使用したことがなければ、安全のため、市販薬の使用を控えるべきです。必要なときには、医師に相談してください。

 

(1)ピークフローメーターとは何ですか?

喘息の状態と自覚症状が合わないことがあります。つまり自分では喘息の状態が軽いと感じていても、実際はコントロールが悪かったり、逆に喘息は安定しているにもかかわらず、自分では悪く感じることがあります。ピークフローメーターは、自分の喘息の状態を数値で客観的に把握するための器具です。ピークフロー日誌(喘息日誌)に数値を毎日記録して、セルフケアに利用することで、喘息のコントロールをより上手に行うことが可能になります。ピークフローメーター・日誌は医療機関で処方してもらえます。器具の費用は発生しませんが、月々、喘息管理料という治療費が発生します(自己負担が3割の場合で、初回の月230円、2回目の月以降80円)。

« 2013年4月 | トップページ

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ